ウイグル問題って何? *分かりやすく5分で解説

国際

こんにちは、たけちよ、です🐶

このブログでは、この先の変化の激しい時代において、全ての世代のビジネスマンにはもちろんのこと、特にX世代に当たる40歳以上の方々は知っておかないといけない知識や考え方をできる限り分かりやすく、発信しています

このブログで大枠を掴んでから、他のサイトや書籍などで理解を深める、というような使い方をしてもらえればと思います。

最近は、新しい技術などのお話が多かったので、今回は、ウイグル問題についての内容にしました。

中国がウイグル人を弾圧していると各国から非難されていますが、何が背景で何が起きているのか、お話しします。

ウイグル自治区って何?

ウイグル自治区というには、中国の56ある民族の中の1つで、西側に位置し、首都はウルムチになります

(ちなみに56ある民族の内、漢民族が91%を占め、他の55は少数民族と言われます。)

ウイグル自治区内にいる人口は、2500万人ほどで、その内1000万人ほどがウイグル人になります。

広さも広大で、自治区としては中国最大で、世界で8番目に大きな国家行政区画となります

そして、このウイグル人の宗教は「イスラム教」で、文化も中東要素が強く、中国とは大きく異なります。

この地は、シルクロードの中心地で、過去は突厥(とっけつ)という遊牧民が住んでいました。

ビジネスを進めるうちに、西へ西へ流れていき、トルコに行きつき、トルコのルーツになっています。それもあり、ウイグル自治区の旗はトルコ国旗の青色をしています

過去、ウイグル人はトルキスタン共和国を建国していましたが、1950年代に中華民国建国と同時に壊滅され、中華民国の自治区として認められ今に至ります。

中国は、民族の集まりだったので、以前も現在も民族自治区を認めていますが、各自治区のトップはその民族人であるものの、側近は漢民族の共産党に固められ、実質中国が支配しています。

何が起きているの?

元々1つの国だったこともあり、ウイグル人には独立国の思想があります。

一方で中国は、自治区であるのでその思想を脅威に感じています。

この溝が弾圧の背景になります。

ウイグル自治区で、強制収容所がたくさん作られているのが、衛生写真で確認されています。

目隠しをされ、髪を剃られ、列車に乗せられている画像がドローンで撮影もされています。

しかし中国はこれを否定し、ウイグル族は平和で幸せに暮らしていると主張しています。

中国は、共産党が一党独裁で支配していますが、ウイグル人にとっての一番は神様です。

中国からすると神様ではなく、共産党の方が偉いということを叩き込もうとしているんですね💦

ウイグル自治区内のウイグル人の割合は、1949年は76%でしたが、現在は漢民族の移住が増え、40%にまで減っています。

中国は、辺境地の発展を目的として漢民族の移住を進めていましたが、実態は支配しようとしています。

ここまでウイグル自治区に拘る理由って何?

中国がここまでウイグルに拘る理由は、3つあります

【1】民族同化施策(漢民族第一主義)

中国は、民族の集合体と言っていますが、中華民族として支配しようとしています。香港、台湾もそうですね

【2】一帯一路構想

陸路(一帯)のシルクロード、海路(一路)のシルクロードを作り、中国を中心とした広域経済圏を実現しようとしています。

この陸路のシルクロードが、ウイグル自治区から広がるためこの地は重要区画になります

【3】資源

この地には、石油、石炭が多くあります

最後に。

ここに書いた内容は、様々な情報源を元にまとめていますが、真実は分かりません。

世界的に強大な中国を陥れるための各国の情報操作であるという考え方もあります。

大切なのは、様々な情報源から取り入れるものの、それらの情報に左右され過ぎず、客観的にとらえ自分の考えを持つことです。

ほとんどの情報発信源はマネタイズ目的であり、ネガティブ要素の方が多くの人が見てくれるので、そのような情報が広がります

情弱にならないよう、様々な情報をインプットしながら、自分を強く保ちましょう💪😄

では、また。。

タイトルとURLをコピーしました