ダイバーシティって何? *分かりやすく、5分で解説

社会、ビジネス

こんにちは、たけちよ、です🐶

このブログでは、この先の変化の激しい時代において、全ての世代のビジネスマンにはもちろんのこと、特にX世代にあたる40歳以上の方々は知っておかないといけない知識や考え方をできる限り分かりやすく、短い文章で発信しています。

このブログで大枠を掴んでから、他のサイトや書籍などで理解を深める、というような使い方をしてもらえればと思います。

今回は、マーケットの変化に対応するための「ダイバーシティ」についてお話をしたいと思います。

ダイバーシティを簡単に説明すると?

ダイバーシティを直訳すると、「多様性」になります。

この多様性とは、集団において、年齢、性別、人種、宗教、趣味嗜好など様々な属性の人が集まった状態のことです。

アメリカでは30年以上前から、日本では20年ほど前からこのような言葉が使われるようになりました。

もともとは、人権問題や雇用機会の均等などを説明する際に使われていましたが、現在では、多様な人材を登用し活用することで、組織の生産性や競争力を高める経営戦略として認知されています。

組織の中で、仕事が早い人、丁寧に進められる人がいたとして、チーム内でうまく融合ができれば、ミスなく早く仕事を進められる組織になります

ダイバーシティ&インクルージョンとは?

最近はダイバーシティというより、このようなダイバーシティ&インクルージョンという使われ方をすることが多くなってきました。

インクルージョン(Inclusion)とは、「受容」という意味になります。

単純に多様な人材が集まるだけではなく、共存共栄していくことで、パフォーマンスが上がるということを伝えています。

多様性が活かし合えないと「なぜもっと早くやらないのか?」「なぜもっと丁寧にやらないのか?」と衝突してしまいます。これは勿体無いですね。。

単に表面的な発言や行動だけで判断し合うと上手くいきません。

お互いの経験や考え方などの価値観を共有し合うことが大切です。

価値観の傾向とは、、

世代の傾向であれば。

50代以降は、「努力をすれば報われる」「消費が大切」「プライベートより仕事」「年功序列、終身雇用」

20代は、「報われるとは限らない」「エコ、ミニマリスト」「仕事よりプライベート」「実力主義、パラレルキャリア」

などの違いがあったりします。

男性、女性にも価値観の違いがあり、50代男性、20代女性だとさらにお互いの価値観が異なってきます

どうしてそう言うのか、どうしてそう考えるのか、などの相手の価値観を共有し合う事が大切です。

まずは自分の価値観を整理し、相手の価値観も理解できる許容を持ちましょう

ただ一方で、お互い気を使いすぎて、摩擦がなさすぎても良いものは生まれません。

良いものは摩擦を経てしっかり議論をし続けた先に新たなサービスが生まれるものです。

価値観を共有しながらお互いを認めながらも、言いたいことを言い合える空間や進め方が大切です

ダイバーシティが注目される理由

ダイバーシティが注目される理由は4つあります。

【1】労働人口の減少・少子高齢化

労働人口の減少により、女性、高齢者、障害者、外国人などの多様な人材活用で労働力を補う事が求められます。

【2】価値観の多様化

雇用形態に限らず、やりたいことを求めて転職する人が増えています。このような状況下では人材獲得競争で他社に遅れを取らないような採用力を高めつ必要があります。

【3】ビジネスのグローバル化推進

ビジネスでのグローバル化を推進するために、外国人の受け入れ体制を整える必要があります。

【4】新たな視点によるイノベーション

同質的な組織では得られないアイデアや閃きが生まれ、新たな商品やサービスを生み出す事ができる。

アフターコロナにおいて、マーケットの変化はこれまで以上に予測し辛い環境になりました。

変化に対応できる企業になるためにもダイバーシティという考えがこれまで以上に求められます。

最後に。

2019年に発表された世界男女平等ランキングでは、日本が153カ国中121位と低迷し、ダイバーシティ経営は遅れていると言われています。

また、日本人の7割がダイバーシティの重要性を実感しているにも関わらず、効果を感じているのは3割を下回っているというデータもあります。

企業のトップが、幅広い情報収集、長期視点、変化への勇気を持っていれば、自ずとダイバーシティの重要性に気づき、強く推進していっているはずです。

日本企業のリーダーの力量次第ということかもしれませんね。

新しい知識や考え方は、これまで以上のスピードでたくさん出てきますので、インプットしていかないと時代に取り残されてしまいます。

日々勉強です、頑張りましょう💪😁

では、また。。

タイトルとURLをコピーしました