ミレニアル世代?X、Y、Zって??

社会、ビジネス

こんにちは、たけちよです

今日は、数年前からよく使われるようになった「世代」について話をしたいと思います

X世代とは、1960年~1974年生まれの人

Y世代とは、1975年~1994年生まれの人

Z世代とは、1995年以降に生まれた人

ミレニアル世代とは、これまで、Y世代とZ世代を総称で指していましたが、Z世代は、Y世代と比べてかなり高いITリテラシーあるため、最近ではY世代をミレニアル世代として使われることが多くなりました

ちなみに、私は、「X世代」に限りなく近い「Y世代」です、気持ちは「X世代」です

これからは、IT化がこれまで以上に進み、生活環境やビジネスの変化が早くなります

若者は、幼少期から当たり前のようにITに触れてきたため、リテラシーが高いですが、その点、40代以降はどうしても弱いので、未来に向けて、考え方を整理する必要があります

この「世代」が使われるようになった理由は、ハンガリー人の写真家のロバート=キャバさんが1950年初頭の第二次世界大戦後の若者の成長をテーマにしたフォトエッセイのタイトルに「未知の新しい世代」という意味で使われたことがキッカケです

それが次第に人口統計学やマーケティングの用語としても広まりました

Afterコロナのニューノーマルでは、

「人が動かなくなり、モノが動く、モノはITで動かす」という時代になるので、

ITリテラシーの高いZ世代にフォーカスされます

Z世代(1995年以降生まれ)の特徴は、、、

① デジタルネイティブである

② プライバシー保護の意識が高い

③ ブランド志向ではなく、本質志向

④ オンラインでのコミュニティ参加や意見の発信、共有

など、ITリテラシーが高いため、情報収集能力があり、考える力があることから、自分の意見をもっている「個」の力が強い人たちです

「集」の力で生きてきた、X世代として気を付けることは、

まずは、幅広い知識を得て、勉強すること。

そしてのこれからの時代を予測した上で、多くのアウトプットや経験をすることです

「個」として強くならないといけません

幅広い知識って何?という方は、まずは、ITリテラシーを高めてください

youtubeで、「IT」、「DX」などのIT用語を検索し、視聴してみてください

動画スピードを上げることで効率的に多くの知識を得られると思います

ではまた。。

タイトルとURLをコピーしました