地球温暖化における影響って何? *分かりやすく5分で解説

社会、ビジネス

こんにちは、たけちよ、です🐶

このブログでは、この先の変化の激しい時代において、全てのビジネスマンにはもちろんの事、特にX世代にあたる40歳以上の方々は知っておかないといけない知識や考え方をできる限り分かりやすく発信しています

このブログで大枠を掴んでから他のサイトや書籍などで理解を深めるというような使い方をしてもらえればと思います。

今回は、全世界で深刻化している地球温暖化についての影響をお話します

そもそも地球温暖化って何?

地球温暖化とは、温室効果ガスが過剰に増えることで地球の気温が上がることです。

温室効果ガスとは、太陽の熱を留めて人間が生活しやすいようにしてくれる役割を持っていますが、増えすぎると熱を留めすぎて気温が必要以上に上昇していきます。

温室効果ガスには、大きく「二酸化炭素」「メタン」「一酸化二窒素」「フロン」など4つありますが、8割は二酸化炭素になります。

二酸化炭素の大量排出は、18世紀の産業革命以降のことで、石炭や石油などの化石燃料を燃やし、たくさんのエネルギーを得るようになった結果、増加していきました。

温室効果ガスで2番目に排出が多いのは、メタンでこれは牛や羊などの家畜から出るゲップや天然ガスを掘り出す時に出てくるモノです

地球温暖化によりどんな影響が起こるの?

地球温暖化による影響を以下5つまとめました。

【1】海水面の上昇

この100年で海水面は16センチも上昇していて、近年は上昇率が高くなっています。

このままだと2100年にはさらに50センチ以上上昇するとも言われています。

南極や北極の氷が溶けて、海水面が上昇しているのですが、そうなると低い場所にある土地や小さな島は沈んでしまいます。

南太平洋にあるキリバスやツバルなどの小さな島国や国が丸ごと海に沈んでしまうことが心配されています。

【2】動物や植物の減少

海水温が上昇することで珊瑚は死滅していき、二酸化炭素が海洋に吸収されることで海水の酸性化が進み、プランクトンが減ることで魚も減っていきます。

また、氷が溶けてしまうと冷たい海で暮らしているホッキョクグマやペンギンなどの動物たちは場所や餌が減り生きていけなくなります

冷たい地域だけではなく、陸上地が減ることで森に住んでいる動植物の場所も減っていきます

【3】気候の変化

氷が溶けて海が広がることで雲の性質や大きさ、風の吹き方が変わります。

それにより、大雨や洪水、台風、落雷が大規模化したり、回数が増えていきます。

また逆に雨や雪が少なくなる場所や砂漠になる場所も増えることで水不足の問題も深刻化していきます

【4】伝染病が増える

気温が上がる場所が増えることで暑い地域から発生していた伝染病にかかる人が増えるとも言われています。

暑い地域に生息する蚊によって、高熱を起こすマラリアなどの伝染が心配されています。

【5】食べ物が少なくなる

これから世界はさらに人口が増加していきますが、温暖化の気候の変化によって、台風や洪水が増えて作物が育ち辛くなったり動物が減ることで人が食べるものが少なくなります。

最後に。

さて、地球温暖化は、私たち人間が生きていく中で重要な問題だと分かってもらえたと思います。

これを改善するためには何が必要なのか、は以前書いたブログ「脱炭素って?カーボンニュートラルって?」にもありますので、ご覧ください

国連環境計画(UNEP)が発表した報告によると、2050年に二酸化炭素の濃度が2倍になると、繰り返される異常気象や海面上昇による土地の喪失、漁業や農業への悪影響、水不足などで年間35兆円以上の損害が発生すると予測されています。

人間が誕生し、こうして僕らがいられるのは地球のおかげにも関わらず、便利さや利益の追求ばかりに目が行き、環境面への配慮を怠った結果が今の危機的状況となっています💦💦

自分自身だけではなく、これからの世代のためにも改善させていかなければいけない重要な問題です

まだ取り返しのつかない状況ではないので、長い戦いになりますが、良い方向に進めていきたいですね💪😊

では、また。。

タイトルとURLをコピーしました